さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2006年06月25日

それでも通じる

hakogai.jpg

 母が鮎を箱買いして来ました。

 とっても安かったそうです。なので豪華一人二尾ずつ塩焼きにしました。そしていよいよ先日父の日にプレゼントした蓬莱泉「はつなつの風」御開栓。初夏な雰囲気満載な食卓となりました。

父「(はつなつの風)美味いわー。」
母「でしょう。(鮎は)季節だもんね」
父「(はつなつの風)いくらでもいける」
母「だよね。(鮎は)脂乗ってておいしいね」
父「もう一杯」
母「どうぞ」

・・・・・会話、成立してるよ。主語違っても続いてるよ。破綻せずに展開してるよー・・・。その後何の違和感もなく別話題(ちなみにW杯)へ移って行きました。
長年、夫婦してると会話に主語も主題も必要なくなるのだなあ。会話が存在する、それ自体が価値なのかもしれません。夫婦の妙味を感じました。

 ちなみに、私は主語がすれ違ったまま会話を終えるのがとても気持ち悪かったので後で十分「主語が噛み合ってない!!。そこで会話を流すなーっ」と怒濤のごとく突っ込んでおきました。
 娘は心が狭いのです(笑)。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(日々のこと/人のこと)の記事画像
プキちゃん本
GW来訪
風のガーデン
永久の別れ
図書館予約事情
晴れ舞台
同じカテゴリー(日々のこと/人のこと)の記事
 プキちゃん本 (2011-06-27 23:25)
 GW来訪 (2009-05-03 12:00)
 風のガーデン (2008-12-18 12:00)
 永久の別れ (2008-07-07 12:00)
 図書館予約事情 (2008-03-07 12:00)
 晴れ舞台 (2007-10-28 12:00)

この記事へのコメント
 アハハハ・・・!! あるある。でもやなさん優しいかも、私はその場で突っ込んでしまいます(^o^) 
 鮎美味しそうですね・・・なんか食べたくなっちゃいました。
Posted by ゲスト at 2006年06月25日 14:31
長年寄りそって歩いてきたお二人の歴史がの重さが、主語を省いても会話を成立させているんですね。
でも、実は本当に言いたかった事は通じていないって事ですから、やなさんが気持ち悪くなるのも頷けるかな・・・^_^;

父の日に娘から贈られたお酒のお味、お父様には格別だったんですね。喜んでもらえて良かったですね^m^
Posted by ゲスト at 2006年06月25日 16:51
 これでお互いが違う話題を話してることがわかってたり(笑)
 それはそれですごいでしょうけど、聞いてるほうはたまったもんじゃないですね。
 
 よくよく検証してみると、実はかみ合ってるとか。
 「鮎が美味しいから、はつなつの風がいくらでもいける」と解釈したとしたら、成立しないでもないですね。
 
 …ただ、キビシイ娘さんの突っ込みを甘んじて受けた部分を見ると、やはりかみ合ってなかったのかな(笑)

 鮎、実は食べたことなかったりします(笑) 道三ゆかりの常在寺に行きたいなと思ってるので、そのついでに食べるのもいいなぁ。仕事忙しいのでかないそうにありませんが(笑)
Posted by ゲスト at 2006年06月25日 20:19
笑ってしまいました!やっぱ長年つれそると似てきますよね、夫婦って。360度ずれてかみ合った感じですね(笑)ほのぼのしてしまいました。
我が家の父母もおんなじことを別のタイミングでいってきたりするので、夫婦って面白いって思います。おいしそうなご飯メニューによだれが、おっと。
私は日本酒と甘いチョコパイなどと一緒にいただいたりしますが、これって邪道!?ですかね〜。
Posted by ゲスト at 2006年06月26日 02:27
すごくほのぼのな気分になりました。主語が違っても会話が成り立つってさすが夫婦!!素敵です!!鮎おいしそうですね。食べたいです。
Posted by ゲスト at 2006年06月26日 07:42
>三枝さま
その場で突っ込む反射神経なかったんです・・・。お笑い芸人にはなれないです。
>チャムさま
はい。なんだかとっても気に入ってくれたみたいです。贈物は喜んでもらえると贈った方も幸せになれますね。
>如月さま
鮎・・・シャケ、アジ、サンマと並ぶくらいポピュラーなお魚だと思ってたんですが・・・。これって地域の問題なんでしょうか?
>はなさま
ウチの母親は日本酒と小倉サンド、イケます。お酒は辛口が好きなくせに・・・。
>小花さま
主語がなくても会話が成立はよく聞きますが、主語が違っても会話が成立というのは・・・(笑)。これぞ妙味でしょうね。
Posted by やな at 2006年06月26日 11:00
鮎、塩焼きだと美味しいですよね。近所の八幡様のお祭りで必ず出店で鮎の塩焼きが売っていて魅力的なんです。でも一匹500円もするので貧乏性の私は一度買ったっきりでした。
バーベキューで友達を呼ぶと鮎もメニューにはいることがありますが、じっくり焼いた鮎は子供にも大人気です。
主語が違っていても会話が成り立つのは夫婦の年季が入っているからでしょうね。ちょっとやなのご両親がうらやましいかも。我が家はまだまだ初心者なので、主語の確認をしょっちゅうしています。年齢とともに「こそあど言葉」が増えていくのは年だからかなぁ。
Posted by ゲスト at 2006年06月26日 20:57
旨いんだから
いーんじゃん〜(♪
Posted by z0ra at 2006年06月26日 21:33
鮎おいしそうですね〜!!
それに、素敵なご両親ですね♪
私はあまり両親の会話を聞いてることってないので(自分の事をよく話してしまっているので・・・)、
これから、じっと聞いてみようかなと思います。
Posted by ゲスト at 2006年06月26日 22:59
はつなつの風に鮎ですか・・・。うまいはずですよ。夏メニューですね。鮎は郡上(確か)とかにわざわざ食べに行った覚えがあります。おいしい季節です。
主語がちがっての話の成立・・・、私、利用者さんとよくあります。利用者さんって、結構主語無しで話されるので想像して話してると最後に主語が違って笑って誤魔化します。
どちらも美味しいので主語がちがっても大丈夫です。(苦笑)
Posted by ゲスト at 2006年06月27日 20:14
>なーがさま
主語の確認するのも愛情ですよー。「ま、いっか」にしないのも長続きのコツかも、ですよ。
>zOraさま
真理ですね(笑)
>あき♪さま
あき♪さん家のご両親はお嬢さんのお話をよく聞いてくれるのですねー。よい親御さんですね。
>さちさま
今度母親おススメの木曽川近くの川魚屋さんへ行こうかと家族で話してます。炭火でじっくり焼いた天然鮎・・・。うっとりですよね♪
Posted by やな at 2006年06月28日 11:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
それでも通じる
    コメント(11)