さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2007年04月23日

美藝公


舞台で見たので。

 「原作の世界観を使っていますが、話は原作と全く違います」というKudan Projectの舞台を見て来たので、これは原作を読まねばーっと思いました。図書館にあったのでさっそく借りて来ました。

 日本が経済立国ではなく映画立国として成り立っていて、美藝公という芸も人柄も極めた人物が首相よりも地位が高く国民の尊敬を一身に集めているという設定です。国民は芸術をこよなく愛し、厳しい目を持ち育てています。そんな理想郷のような世界に住む美藝公の側近である脚本家が「もし、日本が経済立国だったらどんな国だっただろう」という設定で想像を巡らせます。そこに描かれている世界はまさに現代日本。まるで本の中からこちらを覗き見られているような不思議な感覚に捕われます。あちらとこちらとどっちが現実?って感覚は舞台にも存分に生かされているなあと思いました。
 大きな事件が起きるわけでもなく、大きなトリックがあったりするわけでもなく、空想社会の人々がフツーに日常を送ってるだけの物語。なのに「少し不思議」な感覚を存分に味あわせてくれる素敵なSFでした。こんな手法もあったのかあと感激です。本の中に出て来る映画すべてにあの横尾忠則氏がポスター作って挿絵として入ってるのも凝ってます。
 これは手元に置きたい!と思ってネット検索したのですが絶版でした・・・(大泣)。古本屋巡り決定ですね。頭の中のいつか出会いたい本リストに入れておこうと思いました。

 久しぶりの読書エントリーなのでサン・ジョルディの日のエントリーに入れておきます♪。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読んだこと)の記事画像
「飼い主、犬の手足になる!要介護犬プキとの2300日」
桜2010
予約本到着
コレは買い
四次元な生物
ポチってしまいました
同じカテゴリー(読んだこと)の記事
 「飼い主、犬の手足になる!要介護犬プキとの2300日」 (2011-07-29 11:43)
 桜2010 (2010-04-03 16:03)
 予約本到着 (2008-06-17 12:00)
 コレは買い (2008-02-12 12:00)
 四次元な生物 (2007-10-20 12:00)
 ポチってしまいました (2007-07-05 10:29)

この記事へのコメント
>>芸も人柄も極めた人物が首相よりも地位が高く国民の尊敬を一身に集めているという設定・・・。

↑これだけを読んだ私でも、ちょっと興味が沸いてきました。
確かに何だか不思議な感じですが、お話の内容は面白そうですよね。
こういう風に発売から時間が経過した本って、手に入りにくくて大変ですよね~(^_^.)
年間何十万と新刊が出る内の、ほんの一握りしか重版されていないってことでしょうか?
ましてや発刊から時間が経過すればするほど、入所困難になるし・・・。
古本屋さんでめぐり合えるといいですね。
Posted by チャム at 2007年04月26日 08:00
筒井康隆さんの作品は好きで結構読んでいるのですが、『美藝公』は未読です。いずれ機会があれば…と思っていたのですが、絶版になっていたんですね…。残念…。古本屋めぐりで探します。
舞台の方も面白そうだなぁ…。
戦後の日本が「文化立国」の路線で政策を行なっていたら、今の日本はどうなっていたんでしょうね…。なんか気になるところではあります。
Posted by しば at 2007年04月26日 23:43
やなさんの日記から推察するだけでも、なんだか不思議な感覚を覚えました。読んでみたいですねえ。そして、できれば演劇がみたかったかも(汗)

某アマ○ンを調べてみると、値段にプレミアがついてますね。ということは古本屋でも手に入りにくいのかもしれませんよ。がんばってくださいー!

無事、出会えることを祈っております。
Posted by 如月 at 2007年04月27日 15:22
>チャムさま
ネットで見るとプレミアついてたので、結構探すのが大変そうです。
でも、何かネットで手に入れたくないんですよ。本ってやっぱ出会いも楽しみのうちですもんね。
>しばさま
私は図書館で読みました。きっと大きめの図書館なら入ってるんじゃないでしょうか。なかなかシュールな気分になります。おススメです。
>如月さま
私もネットで速攻調べましたよー。たとえプレミア値段を払うとしてもネットで入手したくない・・・って言うのはひねくれものでしょうか(笑)。出会いを待ってます♪
Posted by やな at 2007年04月28日 12:09
舞台も面白そうでしたが、原作も面白そうですね。
でも、絶版ですか…文庫になってるかもしれませんが、
そうすると挿絵がなさそうですね。
柳原さんが古本屋で出会えることを願ってます。
Posted by やま at 2007年04月29日 23:37
>やまさま
そうですね。挿絵込みでこの一冊がアートな感じでした。きっとお二方ともわくわくしながらこの一冊を作り上げたんだろうなあと思いました。やっぱり文庫本ではこのわくわく感は無理かも、ですね。
Posted by やな at 2007年04月30日 15:23
美藝公ですが
日本の古本屋
http://www.kosho.or.jp/index.html
で探してみたら
豊橋の湧書館(ゆうしょかん)
http://www.yushokan.com/
と言うところにありそうです。
Posted by 津島っ子 at 2007年05月07日 20:43
>津島っ子さま
情報ありがとうございます!。豊橋かあ。行ける距離ですね♪
Posted by やな at 2007年05月08日 11:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
美藝公
    コメント(8)