さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2007年07月05日

ポチってしまいました


アニメでやってますね。

 春先、アニメの予告を見た時「きゃあああっ」と一人悲鳴をあげてしまいました。あの『地球へ・・・』が復活するんだー、と。
 『地球へ・・・』は本当に本当に好きな漫画でした。朝起きてから寝るまでずーっと浸頭の中にジョミーくんが動いていた時があったくらいですから。いやあ、作ろうって企画して実現してくださった方々ありがとうございます。
 で、毎週楽しみに見てると、やっぱ疑問が湧きます。・・・何でブルーがまだ生きてるの?とか。漫画と映画も違ったし、今回テレビアニメにするにあたってまた細かい所が変わってるのはわかりますけど。最初に買ったコミックスはあんまり読みすぎて、今は開くと分解します。なのでずっと開帳禁止にしてました。ねっちりねぶねぶと読み直したいけど、これ以上破壊進行してはいけない高松塚古墳状態。幸い、アニメに合わせて新装版を出してくれていると言うので(出版社さん、ありがとう!!)さっそく本屋さんへ。
・・・売り切れ、入荷待ちicon07
街の本屋さんを応援するためにも、手に入りにくい専門書以外は某ネット本屋さんは避けてたのにっ、避けてたのにっ・・・ポチっちゃいました。マウスでポチっと。主義主張が欲望に負けた瞬間でした。すみません、街の本屋さん。

 お陰さまでサクサクと届きました。新装版『地球へ・・・』全3巻。改めて読み直したら、やっぱり名作でした。ああもう、心の底から好きだなあ。驚いたのは、昔は全然気にならなかった設定が結構現代的なテーマと絡んで来てるなーという所でした。時代が作品に追いついたのでしょうか。追いついて欲しくなかったですけどicon11
 改めてこの作品を今やる意味とかいろいろ考えたのですが、まあそれはそれ、これはこれ。もう一度彼らに会えた事が一番の幸せです。
やっぱ、漫画の楽しさってここに極まれりですね。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(読んだこと)の記事画像
「飼い主、犬の手足になる!要介護犬プキとの2300日」
桜2010
予約本到着
コレは買い
四次元な生物
美藝公
同じカテゴリー(読んだこと)の記事
 「飼い主、犬の手足になる!要介護犬プキとの2300日」 (2011-07-29 11:43)
 桜2010 (2010-04-03 16:03)
 予約本到着 (2008-06-17 12:00)
 コレは買い (2008-02-12 12:00)
 四次元な生物 (2007-10-20 12:00)
 美藝公 (2007-04-23 12:00)

この記事へのコメント
萩尾先生は天才ですよね。
私はこの作品は呼んだ事が無いのですが、ポーの一族を読んだ時、衝撃を受けましたよ(連載当時は幼児でしたので、読んだのは随分後でしたけど^^;)

しかも連載されていたのが●●も前だなんて信じられない位、ストーリーも絵も綺麗なんですもの。

あー、久振りに読みたくなってしまいました。
昔姉が持っていたのを読ませてもらっていたので、自分で買った事無いんですよね。
私もネット本屋さんで探してみようかな・・・^^:
Posted by チャム at 2007年07月05日 18:29
竹宮恵子先生ですね(^-^;;
私の中では、佐々木淳子先生の「那由他」と双璧です。
やなさん、こっそりSF者だったんですねー。
Posted by ころな at 2007年07月05日 18:51
この話はねえ、
ミュウがある意味、
失敗して挫折してるトコが好きなんです。
うーん、私も挫けないで仕事しよう。

ちなみに私は、
トォニィが一番、
読んでてイライラしつつも感情移入してたみたい・・・。

竹宮恵子で一番好きなのは
「ウェディング・ライセンス」ですね。
でもやっぱり、リアルタイムで読んでて、
印象が深いのは「地球へ・・・」と「アンドロメダ・ストーリーズ」かなぁ。

あ、「那由他」もリアルタイムだ(笑。
Posted by z0ra at 2007年07月05日 23:37
 実は「地球へ…」、原作を読んでないです。映画を見た記憶があるだけ。映画の印象はあまりよくなかった。そのまま原作を読まずに来てしまいました。SF者にあるまじき行為ですな。

 なので、今回のアニメ化で出た新装版を街の本屋さんで買いました。うちの近所の本屋さん、どういうわけか、私好みのまんががたっぷり入荷するの。「地球へ…」も未だに平積みです。

 でもまだ読んでなかったりして。でもって、アニメは3回目放送(放送局はキッズステーションだけど)の頃に熱を出して見逃して以来、HDDに溜まっております。これからまじめに見ることにします。

 そうそう、昨日、本屋さんで竹宮惠子さんのインタビューを見つけました。雑誌名は、なんだっけ? なんかスピリチュアル系だったような気がするんですが、女性誌のところにありました。そのインタビューの中に当たり前の言葉だけど、とっても元気の出る言葉があって、私はちょっとうれしくなりました。

 ああ、雑誌名、調べて来なきゃ~!
Posted by 京都の先生 at 2007年07月06日 10:48
>これ以上破壊進行してはいけない高松塚古墳状態。

そうです、そうです。
私の『マンガ少年増刊「地球へ…」』もまさしく高松塚状態です。
高松塚の壁画同様、紙の色は変色してしまって・・・
でも、我慢できずに全巻読みかえしてしまいました。ページをめくるのもそろ〜っとそろ〜っと、寝ころびながら読むなんてもってのほか。
やっぱり、読書用に新装版必要ですね。でも、オリジナル(?)との違いをチェックしてしまいそうで、原本破壊が進むのではないかと不安なのです。

TV版は3回目で挫折しちゃったのです。
アニメになったキャラを見ると、志垣太郎や沖雅也の声が聞こえちゃうのです。そして、シロエは、神谷明さんの声が頭の中に響いてきます。
Posted by がらしゃ at 2007年07月06日 11:55
(>0<)嗚呼・・・・。
しょっぱなから大間違いをかましてしまいました^^:
恥ずかしい~。

リアルタイムで読んでいた時代ではないので、この頃の作家さんの区別がイマイチ怪しいとは思っていたのですが(苦笑)

しかしこの時代の作品は本当に名作ぞろいで、今読んでも面白いものが多いですよね。
こういう世代を超えて読める作品がどんどん再販されるのは嬉しい限りです。文庫化バンザイですね☆
Posted by チャム at 2007年07月06日 20:23
>チャムさま
萩尾先生と竹宮先生は双璧ですからねー。天才という名に最もふさわしいお二方だと思いますよ。
>ころなさま
「那由多」持ってますよー♪。イメージアルバムも持ってます♪♪。でも・・・レコードプレーヤーがもうありません・・・。
>zOraさま
最後は救いがあるようで、ちょっと苦いラストですもんね。今だに最後の場面読むと「キース、そこで撃たないでっ」と思ってしまいます・・・。
>京都の先生さま
原作、おもしろいですよ!。たぶんお好みに合うのではないかと。情報たっぷりで濃い展開です。
>がらしゃさま
私は映画パンフで見たコスプレした志垣太郎さんたちが頭に浮かびます。あれはシュールでした・・・。
Posted by やな at 2007年07月07日 10:30
オープニングがダカーポの地球へのカバーだったのでちょっとうれしいです。
映画は大学生の頃に映画館まで見に行きましたし、雑誌連載もよく見に行きました。
先日、復刻したSFマンガ雑誌「リュウ」に、今回のアニメ版のプロデューサーをやっている出渕さんと竹宮先生の対談が載っていました。今回、2クールのアニメをやるに当たって、どの部分を引き延ばしたのかなど、なかなか面白いことを色々と話していました。まだ書店に並んでいると思いますので、ご興味のある方はお手にとってご覧ください。
Posted by なーが at 2007年07月07日 21:47
>なーがさま
おお、それは興味ありますねえ。
お籠りが終るまで書店にならんでるかしら?。
Posted by やな at 2007年07月11日 10:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ポチってしまいました
    コメント(9)