さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年01月22日

虫バー


 以下長文です。
 それと、昆虫および昆虫食が苦手な人は見ないで下さいね。
 お気をつけください。

 池袋のジュンク堂書店で行われたトークイベント『虫BAR 蠱惑 ジュンク堂池袋店にようこそ!~日本の昆虫食の未来を語る夕べ』のお手伝い要員として参加して来ました。イラストや図表を担当した「昆虫食先進国ニッポン」(亜紀書房)の発売記念イベントです。
 単にトークセッションじゃあおもしろくないだろう、と虫をつまみにオオスズメハチ酒を出そう、だったら虫BARだね、という事になり、一夜限りの虫BARを開店する運びとなりました。

 亜紀書房の編集さんと前日合宿して準備しましたよー。いや、その前から「虫BAR蠱惑」のロゴを作り、箸袋やコースターやメニューを手作りし、オマケ冊子を作り、と。前日どころか年越しで準備でした。
 当日メニューはこんな感じ。

・オオスズメバチ焼酎
・オオスズメバチ素揚げ
・旬の佃煮4点盛り
・ゴトムシのあぶり焼き
・はちの子飯
・店主の気まぐれ御膳
・アリチョコ



スズメバチ焼酎は藤岡の養蜂業者さん秘蔵の五年モノ。売り物にするとものすごく高級品だとか。



同じく素揚げ用のオオスズメバチもご提供いただき、寸前に素揚げしました。
佃煮はイベントのゲストでもある長野の塚原川魚店さんのご提供です。イナゴとザザムシとカイコのさなぎとハチの子がありました。これらもフツーに買うとものすごい高級品です。社長、太っ腹!。



ゴトムシは岐阜県付知のつけち創工社の社長さんがわざわざ木を割って調達して来てくれました。この季節、どれだけ大変だったことでしょう。



はちの子飯は合宿で手作り。煮付けをまぜまぜして人数分せっせとおにぎり。はちの子の煮付け自体は串原のヘボ祭りでもお店を出しているお母さんの手作り。プロの味です。



店主のきまぐれ御前は、ラオス産のせみや水生昆虫の佃煮や素揚げなど計6種。写真はタガメの素揚げ。オーブントースターを本屋さんに持ち込んで、サーブする寸前にかるくあぶっておいしくしたり。



アリチョコは沖縄在住の尊敬する兄貴に送ってもらって、自作。夜なべしました。

 こんな感じで日本全国の関係者の方の善意に支えられ、素材提供を受け、トータル15種類の昆虫食料理を提供。専門家の方以外にも、昆虫食べを芸にしている芸人さんが登場したり、伊丹の昆虫館の方が箸置きにと虫の折り紙を提供してくださったりと、隅々までネタが仕込まれた中身の濃いイベントになりました。お箸も付知の社長さんが作ってくださったヒノキ箸なんですよー。
 お陰さまでトップ写真のジュンク堂喫茶スペースからはみ出す程の盛況となり、用意したお土産モノや虫が足りなくなるという事態にまで。行き渡らなかった方、すみません。

 本屋さんのスタッフさんも怖れおののきながら、本当によくしていただいてありがとうございました。採算度外視、これだけの人の熱意と善意に支えられたイベントは二度と出来ないでしょう。まず、虫から集まらないもんね。よくこれだけかき集められたものだと驚きです。

 自分にとっても貴重な体験となりました。
 参加者の方にとっても記憶と味覚に残るモノであったことを祈ってます♪。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(やってみたこと)の記事画像
Cop10展示
御礼、SF大会
まるいち開発室
調理味噌の可能性
おマケ制作
栗納豆
同じカテゴリー(やってみたこと)の記事
 Cop10展示 (2010-10-10 12:00)
 御礼、SF大会 (2010-08-07 12:00)
 まるいち開発室 (2010-08-06 22:13)
 調理味噌の可能性 (2010-04-01 19:55)
 おマケ制作 (2010-01-15 12:00)
 栗納豆 (2009-10-20 12:00)

この記事へのコメント
見る人が見たら、贅沢極みの高級品なんでしょうね。
しかし、煮付けとかおにぎりはまぁ想像できたけど、チョコは意外でびっくりしました。
味付けは、甘いお菓子にも合うのでしょうか?

虫さんは今後も温暖化が進んで、世界的に穀物が不作になって食糧難になった時の救世主って聞いてるけど、そんな世の中にならない様に祈ります・・・・。
でも、そういう世の中になったら気持ち悪いとかいう偏見も、何処かに吹っ飛んじゃうのかもしれませんね。
Posted by チャム at 2009年01月24日 17:21
これだけの昆虫食が一堂に会する機会もなかなかなさそうですね。ある意味虫尽くしの無国籍料理屋というか(笑)。好きな方にはたまらないでしょうねぇ…。
それにしても、上手い店名ですね(笑)。思わず膝を打って納得しました。
個人的には、昆虫食、あまり好きではないのですが(すみません…)、蟻のチョコがけがなんか気になります。や、なんか普通に美味しそうで…(苦笑)。
Posted by しば at 2009年01月24日 19:24
「やなご」まで,だったら大丈夫です(笑)
Posted by たけ at 2009年01月24日 22:36
やなご^H^H^Hいなごでした...
Posted by たけ at 2009年01月25日 16:59
バリエーション豊かですね!私は虫さん苦手ですが、やなさんの言葉で聞くとすごくおいしそうなんですよねー(^^)v虫さん関連のエントリーいつも楽しく読ませていただいてます♪蟻チョコ自作とは流石。

焼酎ちょっと飲んでみたいです…でもお目にかかれたとしても高級すぎて手が出ないかも(^^;

それにしても素晴らしいネットワークですね☆
Posted by ちょこ at 2009年01月26日 10:45
アリチョコ・・・・。
一部で伝説の、「イリコチョコレート」の親戚みたいな感じですかね?
だったら食べられる(`・ω・´)
ちなみに、昆虫食じゃないですが、私は「らっきょチョコレート」(カレーの横についてくるラッキョをチョコでコーティングしただけのシロモノ)がトラウマになっています(´・ω・`)
Posted by ころな at 2009年01月26日 16:50
素揚げが食べたかったなあ・・・っと。

消えないようにここに書きますが、
やなサン、とりかえの人物相関図ヘンじゃない?
Posted by z0ra at 2009年01月26日 23:34
熱気に圧倒され、昆虫に驚き、でも意外にも美味しく戴きました。

ありがとうございました。

素敵なイベントでしたね。
Posted by こうご at 2009年01月27日 12:49
>チャムさま
蟻は蟻酸がすっぱいので、フルーツチョコ風味なんです。でも、ほんとうにほんのり、なすっぱさですけど。
>しばさま
蟻チョコ、普通に自作できますよ♪。一度お試しを。
>たけさま
いなごは虫食の王者ですよね♪。佃煮、好きです。
>ちょこさま
蜂焼酎、ユ○ケルのように力出ますよー。ただし、蜂アレルギーの人は飲んではいけないのです。
>zOraさま
え、ホント?。ちょっと見てみます!。教えてくださってありがとう!
でも、間違ってたら・・・どこで訂正しよう・・・。
>こうごさま
お越しいただいてありがとうございました。
やはり百聞は一見(一味)にしかずですね♪
Posted by やな at 2009年02月01日 20:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
虫バー
    コメント(9)