さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年05月23日

網点がらしさ


 いつかグレーになるんでしょうか。

 今月もフラッパー原稿無事上がりました。ちょっと予定押してたからどうなるかと思いましたが、なんとかクリアです。

 さてさて、写真はプリントアウトしたトーンの一覧表です。ちょっと専門的な話になるので、ご興味ない方はこの辺でスルーしてくださいね。

 漫画作成用の専門ソフトであるコミスタを使う前はPhotoshopとPowerToneというトーンを貼れるプラグインを使ってました。これはその時に作った自分がよく使う基本トーンの一覧と、ブラシの太さのポイント毎一覧です。コミスタに移行しても、いえ移行後の方がめちゃめちゃ一覧は重宝してます。
 というのも、デジタルってある程度の倍率まで落とすと画面上トーンが全部グレーで表示されちゃうんですよ。つまり、何線の何%のトーンがこの絵に一番合うかっていう判断が直感的にわかんないんです。

 アナログで長くやっていたので、だいたい必用なトーンの数字は頭に入ってます。例えばここは50線の10%で隣は42.5線の10%にしよう、とか。全部数字でトーンを選ぶデジタルの場合、数字が頭に入っているおかげであんまり苦労ありません。わからなくなったら一覧見れば大丈夫。ああ、原稿上でこの感じなら印刷されたらこんな具合になるなってわかります。でも、いきなりデジタルから入った人って大丈夫かなと心配になっちゃいます。どれを選んだらどんな感じになるかってプリントアウトするまでわかんないんですよ。画面上じゃあやっぱり感じが違いますから。

 網点って、昔の印刷技術でいかにグレーを出すかで考案された技術でした。今の印刷技術だったらグレーで描いても十分印刷できちゃうんですよね。たまーにカラー原稿そのままグレーで印刷しただろうって感じの漫画もすでに見ますから。逆にデータの世界では網点扱いづらい技術になっちゃってます。キレイに印刷に出す為に、いろいろとお作法を覚えないといけないんですよ。
 デジコミも出て来たし、最初からデジタルで漫画描きはじめた人は、扱いづらい網点にこだわりなくなっちゃうかもしれません。大好きだった手描きカケアミも絶滅しかかってるし、網点まで滅びる日が来るんでしょうか。でも、それってもう何か日本の漫画じゃない感じもするしなあ。網点はぜひとも生き残って欲しいと思います。

 ちなみにこの一覧、同人誌の相方、りおさんが昔作ってくれたものです。
 デジタルに移行してもありがたいのは紙の一覧と人間関係。
 アナログは重要です。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(考えたこと)の記事画像
ブログ落ちつれづれ
プチ官僚気分
偉い奴だ
看板考
つながった言葉
モコモコブーツ
同じカテゴリー(考えたこと)の記事
 ブログ落ちつれづれ (2010-09-25 12:00)
 プチ官僚気分 (2009-05-24 12:00)
 偉い奴だ (2009-05-10 12:00)
 看板考 (2009-01-18 12:00)
 つながった言葉 (2008-12-20 12:00)
 モコモコブーツ (2008-09-27 12:00)

この記事へのコメント
トーンも文房具屋さんで買うものではなくなっていたんですね。
私の学生時代は文房具屋さんで清水の舞台から飛び降りる様な気持ちで買っていたっけなぁ。
懐かしい思い出です(漫画は描けなかったけど、イラストとか描いて遊んでいました 笑)
Posted by チャム at 2009年05月24日 22:35
デジタルコピー機でコピーすると、
網トーンのドットがとんでしまって泣いたのを覚えています。
デジタル原稿もそんなカンジで困ったものなんだろーな・と認識。
・・・自分の意図するニュアンスにならないのは、
そりゃもー苛立つことと思われます。
がんばれー!!
Posted by z0ra at 2009年05月25日 00:13
トーンもパソコンで描く(貼る?)時代なんですね。
友人が漫画を描くのに、トーンを買ってるのを見て
憧れてました。
(自分はトーンを貼るような綺麗なイラストは描けないので)
カケアミとか、点描とか、廃れていくんでしょうか…。
仕方がないとはいえ、なんだかさみしい気がします。
Posted by やま at 2009年05月25日 00:15
かなりご無沙汰しております!

すっかり印刷業界人?みたいなことになっております亜神ですが。考えてみたら、確かに当時の印刷技術で…ってことで網点なんですね。今の人はカラー印刷物が4色の網点で未だに構成されているなんてあまり考えないと思いますけど…(現に私がそうでした!)
でも日本の漫画の繊細な雰囲気は、網点のおかげな気もします。
柳原さんの手書きの網というか模様も、手書きって手法もあるんだ!と知ってからはいつも楽しみにして見てました♪
Posted by 亜神 涼 at 2009年05月26日 11:56
昔、印刷会社の研究所にいた頃、デジタル印刷システムをいじっていましたが、当時は専用のコンピューターでへろへろになりながら作っていた物が今やパソコンで出来るのは感慨深いです。
どんなにデジタル処理しても最後はアナログの印刷機ですから、トーン処理は大事ですよね。そのうち、トーン処理も、かけあみもすべて自動処理になるんでしょうかね。
やなさんはデジタルにしていても手書きの頃とあまり違和感がない感じですよね。すごいなぁ。ペンタッチはわざと変えている気がしますが。
Posted by なーが at 2009年05月26日 23:29
印刷1つするのにも色々と技術が必要だと言うことですね☆
Posted by ポスター印刷 at 2009年05月28日 10:33
>チャムさま
おっしゃる通り。トーンって高級品でしたよねえ。
懐かしいなあ。
>zOraさま
そうなんですよ。網点のドットをキレイに出すのって色々お作法があるんです。
>やまさま
カケアミも点描もトーンで出ているんですよ。なので、自分で描かなくなるだけで、なくなることはないとは思うのですが・・・。
点描って三角に打つとキレイになるとか、そーゆーコツは廃れて行くのかもしれません。
>亜神涼さま
お久しぶりです。
カラー印刷物をスキャンすると、4色網点の集合物だってコトが実感出来ます。印刷ってホント技術の集まりですよね。
>なーがさま
ペンタッチはご指摘の通り、試行錯誤してます。あんまり細いとトーンに負けちゃうんですよねー。具合が難しいんです。
>ポスター印刷さま
作った技術者さんも偉いですね。
Posted by やな at 2009年06月03日 00:53
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
網点がらしさ
    コメント(7)