さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2009年06月03日

念願の


 ゴーギャン展に行って来ました。

 名古屋にはボストン美術館があります。アメリカのボストン美術館の姉妹館です。



そこで今ゴーギャン展をやっているんです。これだけは絶対に行こうと心に決めてました。
 というのも、今回ゴーギャンの最高傑作、「我々はどこから来たのか、我々は何ものか、我々はどこへ行くのか」が来てるんですよ。これ、ずーっと見たかったんです。
 あれは何年前になるんでしょうか。姉一家がダンナさんの仕事の都合で一年間だけボストン暮らしをしました。せっかくの機会なのでボストンまで姉の家に泊りに行ったんです。もちろん姉一家に会うのも目的でしたが、もう一つ、ボストン美術館に収蔵されているこのゴーギャンの絵を見るのも大目的でした。
 わくわくしながら姉にボストン美術館に連れて行ってもらいました。館内を一回り見て歩いたのですが、・・・・・ない。この大作、見落とすはずないのに、ない。何故?と思って、館の人に聞いてみると「今、展示してない」とのこと。
 ・・・・・この大目玉作品でも展示替えではずすことあるんかいなっっっ。
本当にホントーに何しにボストンくんだりまで来たんじゃーっとがっくりでした。

 今思えば、今回みたいにどっかに貸し出し中だったかもしれません。まあ、大昔、スペインのプラド美術館へ行った時もベラスケスの「ラス・メニーナス」なかったんですよね。かなり期待して行ったのにな・・・・・。こういう星の下なのかな・・・・・。

 今回、ン年ぶりの念願かなって地元でお会いすることが出来ました。待った分、感慨もひとしお。神様はちゃんと出会える運命を用意しておいてくれました。過日、悪態ついてごめんなさい。

 念願の「我々は〜」。改めて、ゴーギャン色と言ってもよい配色の美しさに圧倒されました。白の使い方が何か色っぽいー。あと感じたのは描かれている人物の視線の強さ。題名は「どこから来たのか、誰なのか、どこへ行くのか」と問いかけているけど、描かれている人々はその答え知ってるんじゃないかなあと思いました。
 出会えてよかった。今、ものすごく満足です♪。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(見たこと)の記事画像
熊谷守一記念館
シャチボンがっ!!
美藝公
百年の邂逅
天啓の美術展
同じカテゴリー(見たこと)の記事
 熊谷守一記念館 (2007-05-23 12:00)
 シャチボンがっ!! (2007-04-19 19:07)
 美藝公 (2007-03-12 12:00)
 百年の邂逅 (2007-02-03 12:00)
 天啓の美術展 (2007-01-09 13:10)
 世界遺産 (2005-11-27 12:00)

この記事へのコメント
そういう事もあるんですね~!!
確かに世界中で●●展を開催する時には目玉のになる作品も展示してるし、本家本元の美術館には未展示って事になるのか。
はるばる日本から見に行ってて無かったらそりゃあショックも受けますよ^^;

それでも、今回出会えて良かったですね♪
やなさんの思いが天に通じたのでしょう^m^
Posted by チャム at 2009年06月03日 05:55
7月から、東京にやってきますねえ。
私はゴーギャン、あまり興味がなかったんだけど、
友達が大好きだと言っていたから、行こうかなあ。
(私はゴヤの版画とダマールが好き)

阿修羅展は7月から福岡ですねえ。
上野と同じ内容でやると思うので、オススメしますよ。
360°かぶりつきの阿修羅像なんて、もう二度と見られそうもナイ。
向かって右のお顔を背中側から見たとき、
その横顔のあまりの女性的な美しさに驚きました。

そーいえば私、イギリスでゴッホの「ひまわり」を見たっけ。
なんであの時、あの場所にあったのかは謎。
Posted by z0ra at 2009年06月03日 21:22
そうですよねぇ、巡回してるときは本家に無いってことなんですよね…考えたことなかったです(^^;

神様に焦らされたものの、出会えてホントにホントーに良かったですね♪
Posted by ちょこ at 2009年06月04日 19:27
海外の美術館は、日本に比べてものすごく大きくて蔵書(絵)も多いので、
展示変えしたときに、有名絵画でもお休みになっちゃうんですかね?
絵画好きの後輩も、以前、海外で広い美術館内を探し回った挙句に
美術員さんに聞いたら、今は展示してないと言われ、がっくり着てました。

絵画はやっぱり、本物を自分の目で見ると
迫力が違いますよね!
私もどこか美術館に行きたくなりました。
Posted by やま at 2009年06月07日 07:41
>チャムさま
そうなんですよねー。大作が日本に来るってことは、本家は留守ってコトですもんね。その事実、なかなか頭が回らないものです。
>zOraさま
名古屋で大好評だった「だまし絵展」も東京でやるみたいですね。
なのに阿修羅は名古屋にやって来てくれないんでしょうか。
ナマ阿修羅像、見たいですー。
>ちょこさま
ありがとうございますー。長年のアコガレの人にやっと会えた気分でした♪
>やまさま
ホント絵画っていいですよね。色とか形とかタッチとかを通じて対話できますもの。
たまーに対話できない作家さんに出会うと、私もまだまだだなと思います。
Posted by やな at 2009年06月12日 13:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
念願の
    コメント(5)