さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2011年10月04日

『高杉さん家のおべんとう』29話+α



発売になりました!
そしてその他いろいろお知らせてんこ盛りです♪
画像が多くて多少重いかもしれません。お気をつけを〜。

今月号は表紙!を描かせていただきました。秋色久留里ちゃんです。



そして、久留里ちゃんの肩には
あっっっ・・・・



うーたん!!!!!



表紙を描かせていただく時は、なるべくあっさり、発色よくを心がけてます。いろいろちまちま塗り込むと、下手な人間はどんどん発色悪くなっちゃうんですよ。ここ、技術が出ます。
なのに、このうーたんの塗り込み・・・。
ちょっと浮いてます(苦笑)

表紙を入稿する時は、いろいろとロゴやタイトルの配置の都合もあるだろうからと、いろいろなパーツをレイヤー分けして入稿してます。デザイナーさんが見て、邪魔だったら消しちゃったり移動しちゃったりしてくださいねーという意味で。(デジタル時代ですなあ、ホント)



鳥も、妙に浮いてたら取っちゃってもいいですよーと伝えておいたんですよ。ホント。
見事採用していただきましたー♪。いやあ、めっちゃうれしい〜icon06
うーたん、フラッパーさんデビュ−だね♪♪。しかも表紙だよ!!





今回の本編は、高杉くん学術本出版話です。
本出すのが大変なのは学者さんだけじゃないけど、やっぱ学術本出版って、ホント大変なんだなあって改めて思いましたよ。
・・・が、このマンガはコメディなんです。基本・・・。
実際の学者さんは、もっと真摯に本の出版に向けて頑張ってらっしゃいますので!
その辺り誤解なきようお願い申し上げますicon10

そして、フラッパーさんのサイトで『高杉さん』のブログが立ち上がりました〜。
こちらも合わせてお楽しみくださいicon28





さて、鳥続きでシルキーさんの携帯サイト。
作家さんのはまりものコーナーにもうーたんひなたんデビューしました♪



載せて頂いたのはこちらのラブラブ毛玉写真icon06



どれが一番かわいいか、千枚近く撮りためてる中から選びました♪
もうコーナーは終ってるかなー?。でも、バックナンバーからも見れるそうなので!
辿り着いた方はぜひご覧下さいませ。



もう一つお知らせ。
天水花苑H.P.やっとこ更新しました!
TORIKAWA2、読めるようになりましたー。

このTORIKAWA2の売上げは震災募金に使わせていただきました。
なので、ネット初見の方でこの本を読んでちょっとでも「くすっ」としていただけたら、ご近所のスーパーやコンビニに置いてある震災や災害関係の募金箱に「本代」ってちゃり〜んとしていただけたらうれしいです♪
いろいろ考えましたが、こういうゆる〜い方法が一番自分に合ってるな、と思いました。

この人の輪頼みな方法、ちょっと明智 抄先生の「始末人シリーズ」思い出しちゃいましたよ・・・(笑)。

同じカテゴリー(おシゴト)の記事画像
『高杉さん家のおべんとう』32話
『高杉さん家のおべんとう』31話
人文地理学会
『高杉さん家のおべんとう』30話
『理不尽のみかた』2
『高杉さん家のおべんとう』4巻
同じカテゴリー(おシゴト)の記事
 『高杉さん家のおべんとう』32話 (2012-01-05 15:22)
 『高杉さん家のおべんとう』31話 (2011-12-05 12:00)
 人文地理学会 (2011-11-11 14:41)
 『高杉さん家のおべんとう』30話 (2011-11-05 12:00)
 『理不尽のみかた』2 (2011-11-03 12:00)
 『高杉さん家のおべんとう』4巻 (2011-09-21 20:58)

この記事へのコメント
発売日なのにフラッパーが見つからないのです・・。
なんでかしら?と思ったら、
「表紙がこれでは見つからないのは仕様がない・・。」
いやもう、可愛すぎてだちかんのです。
休み前に隣の市に行って買ってくるかフラッパー。

そうそう、10/2に薬師寺展をみにいってきました。
別館の「薬師寺名品展」で
東山魁夷・守屋多々志といった巨匠たちの原画にまじって
、手塚先生・ちば先生・藤子F先生・藤子A先生・赤塚先生
やなせ先生・里中先生・水島先生・中島潔画伯たちの原画が展示してあり思わず拝みそうになりました。では。
Posted by 波多野鵡鯨 at 2011年10月04日 22:08
見開きカラーのバックは・・・ローマ?
Posted by z0ra at 2011年10月05日 00:12
オリジナルブログか~。なんか怒涛の展開のような気がする。スゲェ~!
他のメディアにも進出しそうな勢いですね。
でももうしばらくはじっくり行って欲しかったり。
複雑なファン心理なのデス……。
Posted by ゆうき at 2011年10月05日 21:49
 あのう、フラッパーの発売日、5日なんですが‥‥。制作者がフライングゲット煽ってどうする‥‥ではなくて相当テンパってらっしゃるんですね。お疲れ様です。
 さて、TORIKAWA2拝読致しました。主役の鳥夫婦以上に、“鳥バカ”柳原さんの可愛らしさに萌えました‥‥。誠に微笑ましい。
 ただ、読後の課題である『義援金』は正直どこに収めればよいのか悩んじゃいますね。かなり大手の組織でも集めた義援金の扱いについて色々疑義が呈されていますし、義援金詐欺の話はそこらじゅうに転がっていますし‥‥。
 誰にでも出来て、且つ確実に困っている方々に届く支援方法を、この機会に考え出す必要があると切実に思います。
Posted by 日の丸弁当 at 2011年10月08日 21:54
凄い!
うーたんなんとなんと雑誌表紙飾っちゃう鳥さんは珍しいよ。
おめでとう~♪
可愛さは武器ですね^^

高杉さん~オンリーのブログに、シルキーにまで・・・・
世界がどんどん広がってますね。
ちょっと暫く忙しいので、TORIKAWA2は後ほどじっくり読ませて頂きますね。

うわっ!
始末人シリーズ・・・・
超懐かしい!!
この作品も、姉の本を読ませてもらっておりました(笑)
輪廻の様に被災者の方々にちゃんと届けられるといいですね。
Posted by チャムりん at 2011年10月09日 21:38
始末人:懐かしいなぁ。当時花ゆめでは好きな漫画でした。
「始末人に渡してくれって頼まれたけどどうしましょう・・。」
「あ、あなた始末人をご存知でしたらこれを渡してください。」
(間略)
「とこのように人々の支援のもと依頼がくるようになっているのだ。」(でしたっけ?)

フラッパーようやく買えました。
「美少女が弁当をただ食べ続けるだけの本」
あったら読んでみたいです。話のねたになるので。
扉の背景は本棚なのですね、そういえば。では。
Posted by 波多野鵡鯨 at 2011年10月10日 19:07
表紙の次は、作中でのキャラ弁デビューを目指そう。
Posted by sama at 2011年10月13日 02:46
今回のサブタイトルを見た瞬間に、日曜日の昼間に山瀬まみさんが馬鹿笑いしている番組の音楽が頭の中でぐるぐる回りましたよ。ずるいなぁ、このサブタイトル(笑)。初っぱなからツカミはばっちりです。
小坂さん、久留里ちゃんの気持ちに気が付いちゃったんですね。小坂さんファンとしては今後が気になります・・・

ところで、自分も某出版社から専門書を出した経験があるんですが、理工系とは全く違うんですね。助成金の話は知らなかったので、仕組みがおもしろかったです。
Posted by なーが at 2011年10月13日 10:19
先日静岡SF大会にて ご挨拶させていただきました。環きみこです。

憧れの方にこんなに近くでお話できたことが夢のようでした・・・

本当にありがとうございました!!

主人から柳原先生のご活躍のお話を伺っておりました。

とくに大会コーナーにもあった「まるいち」について

望さんは

「本当に素晴らしい伝説の本なんだよ。僕が出会ったころには
連載が終わっていて必死で探したけれど本が見つからないほど人気があったマンガなんだ。」と教えていただきました。

「すごい漫画家さんだよ。」と

心から漫画を愛するからこそ・作品に感激が深いことを望さんから教わりました。

柳原先生ご多忙の中 私の為にサインを頂き
お気遣い本当に有難う御座いました。

望さん共々これからも先生のファンでいます。
Posted by 環きみこ at 2011年10月14日 22:40
くるりちゃん表紙なら、助成金出します!って出版社、
いっぱいあるでしょうね。
私は、香山先生の本も気になります…。
テレビに出たりすると、人気が出そう。
Posted by やま at 2011年10月16日 15:09
コメントありがとうございました〜。
一ヶ月以上放置してすみません。いやもう、ネット落ち常習犯になってしまいました。
先ほど一ヶ月分まとめて更新しました!
・・・と思ったら、鳥と扇風機は書いてるのに、ヘボ祭りは書いてない・・・。いや、それ以前にSF大会のエントリーしてないじゃん、自分!!←今気づいた・・・。
両方とも、相手&おしゃべりしてくださった方々ありがとうございました!
またお会いしましょう〜。
Posted by やな at 2011年11月06日 19:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『高杉さん家のおべんとう』29話+α
    コメント(11)