さぽろぐ

  日記・一般  |  札幌市中央区

新規登録ログインヘルプ


2012年02月03日

『高杉さん家のおべんとう』33話・34話



2本立て&グラビアです!



今月号も大ボリュームのフラッパーさん。週末みちみち読むのにもってこいかと思います。
・・・って下書き文章書いてたら週末のうちにブログエントリーできなかったダメ人間です・・・。
まあ、フラッパーさんはウィークデイの長い夜のお伴にもぴったりなので!(^_^;)

『高杉さん』今月は2本立てです。修学旅行の思い出編と高校受験編。
個人的にはやっとこ修学旅行編が描けてとってもうれしかったです。



そんでもってセンターカラーのグラビアページ付!
こっそりちっさい画像でご紹介♪
バレンタインと鳥まみれ久留里ちゃんのカラーイラストです。





さてさて、内容は本誌or来月発売予定のコミックを待っていただくとして
今回のエントリーは大ごめんなさい大会とゆーか告解です・・・。

今月号の〆切、もう漫画描き人生最大の引っぱり具合でした。
ホント、あの入稿日で雑誌って印刷されて配本されるんだ・・・とびっくりするくらい。
日本の印刷屋さんと流通システムすごすぎです。
しかも今月号のフラッパーさん、カレンダーの関係で発売日前倒しだし・・・

というのも今月2本立てな上、修羅場真っ最中に祖母が天寿を全ういたしまして。
88歳でした。
小さい頃から何かとかわいがってもらった祖母の葬儀ですので欠席という選択肢はなく。
しかし、このタイミングで奈良まで行ってたら絶対原稿間に合わないという状況でして。
事情を知った担当さんが「〆切待ちましょう」と漢!な発言をしてくださいました。
ばか犬さんはじめお手伝いさんも総動員。
私不在の間もできるところから原稿進めてもらって、葬儀にも出席でき原稿も仕上げる事ができました。

連載作品がキワキワな状態の時って、もしもの時に白紙頁にしないために投稿受賞作などを代原用に用意したりと目に見えない所でものすごーく迷惑かかるもんなんです。
私も「××先生の原稿落ちたら載せるから描いておいて〜」と言われ、マッハで仕上げた原稿結局載らなくて泣いたという経験ありますからねえ。

編集さん印刷屋さんに流通屋さんなど具体的に想像できる範囲での方々にお詫び申上げるとともに、表面に出て来ない間接的にご迷惑をおかけした方々にも心からお詫び申し上げます。
そして助けてくれたお手伝いさんたち、本当にありがとう。
祖母のお葬式は久々に親戚一同集まって身内だけのあったかい葬儀となりました。出席できて本当によかったです。

こういう事にならない為にも、原稿は早めにっていうのが鉄則なんでしょうけど、これはもう漫画描き人生始まって以来達成したことがありません・・・。


どこかにスケジュール前倒しのノウハウを教えてくれる人いないかなあ・・・(T_T)

あなたにおススメの記事


この記事へのコメント
謹んでお悔やみ申し上げます。
おばあさまのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
大往生だった事とお察し申し上げます。

孫であるやなさんの"マンガ大賞ノミネート"は、おばあさまにとってもうれしいお知らせとなったのではないでしょうか?
という事は、充分なおばあさま孝行をなさったという事だと思います。

実は、今号は2本立て+センターカラーだったので、フラッパーを初めて買ったのです。2話飛ぶと、コミックでないとストーリーを追えなくなりますし、大きなカラー久留里を見たい!もあったので…。
2本立てだけでもむちゃキツい上に、スケジュールが2日も前倒しになるので、やなさんは大爆発しているはず…とまでは想像していたのですが…。
大賞に向けて、わずかではありますが、応援になれば何よりです。
読者としては、修学旅行編が本編でやっと読めた!が良かったです。

やなさんも体調を崩されないようにお気を付け下さい。

担当さんも、スケジュールや各方面との調整等、大変だった事と思います。お疲れ様でした。
Posted by 金は紅 at 2012年02月06日 14:20
こういう場合、事情が事情なだけに無理に2本立てにせずに
1本だけ掲載して1本は他の漫画家さんの作品を載せるとか
今回は無理に乗せなくて来月2本載せるとかいろいろあったと思うのだけど。

いろいろな大人の事情があるのでしょう。
担当さんも、そこで今回は諦めましょうとは言えないのかな?

スケジュール前倒しのノウハウ
それは寝ている間に小人さん(まるいち)が働いて原稿を書くしか・・・。
Posted by sama at 2012年02月06日 15:56
修学旅行と高校入試ですか!!
単行本での高杉家激動の春も含めて楽しみが増えました。

今更ながらですが『マグロの南蛮漬け』を作りました。
すごいおいしくて、私の料理ノートにメモしました。
新しく作れる料理が増えてうれしいです。
ありがとうございます!?


それから最後になりましたが
ご冥福をお祈りいたします。

まだまだ寒くなりますので
柳原先生も体調、お気を付けください。。

それでは失礼いたします。
Posted by 京の人 at 2012年02月06日 15:56
柳原先生、お疲れ様です。

おばあさまのご冥福をお祈りいたします。
うちのばーちゃんは2年前に亡くなったなぁ・・・遠い目。

とりかえを同人誌で出し
それがコミックスになり
今、高杉さんを連載し、漫画大賞ノミネート!となっている。
柳原望先生という漫画家にはプロ魂を感じて頭が下がる一方です。
プロ魂というか、自分の作品への愛かな?

今回の連載は
しょっぱなのカラーページで
ハルくんがどこまでも残念だというのに
残念な気持ちになりましたw
どんな感じでバレンタインに関する薀蓄を述べたのか
目に浮かぶようだ・・・

来年の3月号も二本立てで!
去年のバレンタインはああだったなぁという話を、ぜひ!
Posted by あるふぁ at 2012年02月06日 17:38
おばあ様のご葬儀と修羅場が同時になってしまうとは・・・・。
今回は本当に大変でしたね。
ご冥福をお祈り致します。

それでも本誌に穴を開けずにきちんと仕事をこなしてしまうとは。
プロ根性です。
素晴らしい。


しかも2本立て!
フラッパーさん、最近太っ腹ですね。
ノミネート効果で読者も着々と増えてるって事でしょうか?
来月も2本立てにおまけにコミックス発売。
今月以上に忙しくなるのでは?

原稿直しも入るでしょうし・・・
コミックス発売は嬉しいけれど、過労で倒れたりしませんかね??
編集様、そこの所のケア宜しくお願い致しますよ。
Posted by チャムりん at 2012年02月08日 17:26
2本立て、ご苦労様です☆

今、全く畑違いなんですが、
フィルドワーカーさんのインタビュー記事を目撃しました。
参考までに載せておきますね。

http://blogos.com/article/31387/

ええ、もう! 全く畑違いとは思いますが、
そもそも「畑違い」というフィールドワークはないわけで(笑。
フィールドワークの「そんなところ」が好きなの☆
Posted by z0ra at 2012年02月10日 12:40
 締め切り前に原稿を納品するコツといえば、魔夜峰央さんがエッセイマンガで描いてましたね。
 「ネームは作らずぶっつけ本番で描く」「1日に描く原稿を枚数ノルマとして決めてあり、依頼を受ける際には期日とノルマから逆算して判断する」‥‥とか。何でも、「天の邪鬼な性格なので、皆が守らないという締め切りを厳守してみたかった。もし皆が締め切りを守っていたら、自分は守らないようにしていた」んだそうで。
 どうでしょう、大先輩の手法を参考にしてみては‥‥ならんかな。
Posted by 日の丸弁当 at 2012年02月11日 04:38
2日前のテストの帰り道に書店で「高杉さん家のおべんとう」を手に取りました。昨日には全巻買っていました。引き込まれました。あの時、たまたま手にとって、本当によかったです。これから全力で応援していきます。頑張って下さい。
Posted by ヨシキ at 2012年02月14日 23:25
やなさん、何はともあれ、お疲れ様でした。

来月に単行本が出るので宣伝もかねて2本立てだ(違う?)、と喜んでいたら、その裏では大変なことがあったのですね。知らぬ事とは言え、反省です。

ハル君のラッコのチョイスには、ハル君らしくて良かったです。
あと、なにげにマル君のTシャツにうーたんが出ていましたね。なにげに、細かいところまで目を向けてしまう癖が付きました。

インフルエンザや風邪も流行しています。やなさん、ここにいらっしゃる皆様、ご自愛くださいませ。
Posted by なーが at 2012年02月19日 16:49
先月、漫画図書館の方にサインを飾ってきました。
(岐阜は掛洞という所にあります、「リサイクルまんが館」ちう所です。)
漫画製作というと、里中満智子先生は
「20頁の作品をネームから仕上げまで1日でやられてしまう」とか。
しかも、「1頁目を仕上げてから、2頁目のネームを原稿用紙に
直接書いてそのまま仕上げてしまう」のだとか。という話を
どこかで読んだなぁ・・。
今月発売の5巻が楽しみです。では。
Posted by 波多野鵡鯨 at 2012年03月02日 22:30
たくさんのコメントありがとうございました。
祖母にも温かい言葉をありがとうございました!
本当に本当に大好きなおばあちゃんでした。

そして、〆切前に原稿を上げる方法・・・。
それは大先生方だからできるんです〜(T_T)。
いや、それだから大先生なのか・・・。
Posted by やな at 2012年03月12日 05:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『高杉さん家のおべんとう』33話・34話
    コメント(11)